【全身矯正】O脚を作ってしまう原因TOP3!

2022/11/12 ブログ

こんばんは!

小顔矯正•骨盤矯正のナチュラルビューティーフェイスです。

本日は身体のお悩みの中では毎回上位にくる、O脚について書かせていただきます。

O脚にはもともとの骨格の形が原因でO脚になってしまう場合と、姿勢などの日常生活の積み重ねで引き起こされているケースがあります。

そこで、今回はO脚を作ってしまう習慣や癖3つをお伝えさせていただこうと思います!

1.姿勢が悪い

悪い姿勢やバランスが歪んだ状態で日常生活を続けていると身体の一部に負担がかかり、O脚に繋がることがあります。

2.殿筋や内転筋などの筋力の低下

O脚の原因において、運動習慣がない人に見られがちなのが筋力不足です。下半身を構成する筋肉の中でも、殿筋や内転筋はO脚の発症に深く関係します。内転筋とは太腿の内側に付いている筋肉であり、ここが衰えると脚を正常な状態に保つことが難しくなります。

3.骨盤の歪み

骨盤が歪んだ状態でいると、歩幅に左右の差が生まれる、歩き方が歪むといった現象が起こり得ます。こうした習慣が膝を外向きに代えて、O脚に発展してしまうのです。

 

施術で修整をいれていくのはもちろん大切ですが、自宅でのケアや生活習慣を見直すのもとても大切なことです。

 

今一度、ご自身のお身体と向き合ってみてください。