寝てもとれない疲労

2019/12/05 ブログ
logo

こんにちは!

小顔矯正・骨盤矯正ナチュラルビューティーフェイスです。

 

 

朝起きた時、なんだか体が痛い…と、コリが酷くなる方はもしかすると寝ている間リラックスができず、体が緊張状態になり「寝コリ」になっている可能性があります。

 

 

本来であれば就寝中はリラックスをして体の力を抜く必要がありますが、力んでしまうため肩こりや頭痛、腰痛、日中のだるさや眠気などが出てしまいます。

 

解消するには就寝中に体の力を抜き、リラックスするしかありませんが、私たちは日中のストレスなどの刺激を受けることで、緊張状態が解けずに自力で力を抜くことができないことがよくあるのです。

 

 

・食いしばり、歯ぎしりをする癖がある

・日中眠たさやだるさを感じる

・布団や枕が合ってない

・朝起きてからしばらく頭痛や肩こり首の違和感が続く

・寝る寸前までスマホ・テレビを見ている

 

いくつか思いあたる方は、寝ている間も緊張状態にある可能性があります。

 

寝る前に深呼吸をして、体をリラックス状態にしてから眠ると、体がしっかりと休む事ができるので、朝のだるさも解消することが可能です。

 

1.鼻からゆっくりとお腹が膨らむのを意識して息を吸う。

2.鼻から20秒かけて、全身の力を抜くことを意識しながら息を吐く。

3.これを無理がない範囲で5回繰り返す。

 

 

寝る前に布団の上で簡単にできるので、毎日行いましょう!